ごあいさつ

私は小学生の時、器楽クラブに入ったその時から「合奏」というものに魅せられてきました。中学・高校の吹奏楽小僧だった時代その思いはますます募り、その頃からスコアを書き始めています。

 大学ではさまざまな音色の秘密を学ぼうと、音楽音響学を専攻すると共に、オーケストラで合奏体験をつみました

 宝塚歌劇団では指揮者として経験を積んできました。

 書き溜めたスコアもそれなりの分量になりました。

今こそこれらのスコアを世に問うと同時に、この技を皆様のお役に立てたいと思います。