大谷木靖 プロフィール

 

1959年 門司市(現北九州市門司区)生まれ

      2歳半から高校卒業まで北海道函館で育つ。

      中学・高校では吹奏楽部で、トランペット/コルネットを担当。

1978年 九州芸術工科大学(現・九州大学)入学

      音楽音響学を安藤由典教授に、コントラバスを北浦晧二氏に、室内楽を岸辺百百雄氏に師事。

1982年 ローマにて開催された”青少年オーケストラと舞台芸術の祭典”に参加。

      現地のオーデイションにてインターナショナル・ユース・オーケストラのメンバーに選ばれる。

      またこの頃より時々エキストラとして九州交響楽団で弾くこともあった。

1984年 同大学大学院修了。

      研究テーマは木管楽器特に尺八の内部構造と音響について。

      学会発表論文  ”Measuring and calculating methods of shakuhachi input admittance"

                      (J.Acoust.Soc.Jpn.(E)6,2(1985)安藤由典教授との共著)

      同年(株)ソニー入社。業務用録音機器の開発・設計などに従事。

1988年 ソニー退社。

      荒谷俊治氏に師事。音楽家修行をはじめる。

1989年 洗足学園大学付属指揮研究所にて秋山和慶氏、河地良智氏、川本統脩氏、増井信貴氏らに師事。

      またこのころより鈴木音楽産業(琴城流大正琴)と契約。

      歌謡曲・スタンダードナンバーなどを大正琴アンサンブルに編曲する。

1999年 宝塚歌劇団優先契約を結び、ピットで公演の指揮をするのが主な活動となる。

2018年 宝塚歌劇団との契約を解消。

 純正律音楽研究会 正会員