管弦楽曲の吹奏楽編曲

吹奏楽の世界ではオリジナル作品にこだわる人もいますが、普通の吹奏楽少年にとってはオーケストラの名曲は、

やはり憧れであり、演奏したいものだと思います。私も10代のブラバン小僧だった時代に何曲か書きました。

演奏会で実際に音を出したのはこの2曲です。

吹奏楽のための「ペトルーシュカ」         (’80年 白陽吹奏楽団のために編曲)(1,3,4場を演奏)

吹奏楽のための「ウエーバーの主題による交響的変容」(’77年 白楊吹奏楽団のために編曲)(3,4楽章を演奏)