ピアノ曲・ヴァイオリン曲などの管弦楽化

私が今後一番力を入れていきたい分野のひとつです。

今までに書いたスコア

オーケストラのためのシャコンヌ(バッハ)(未発表)

オーケストラのためのヴォカリーズ(ラフマニノフ)(未発表)

 

「妖精ヴィッリ」より「忘れな草のうた」(プッチーニ) (’90年) 

  本当はこれは編曲とは言えないのですが、スコアが手に入らなかったので、東敦子先生の依頼でヴォーカルスコ

  アからオケ譜を起こしました。


オーケストラのためのシャコンヌ(バッハ無伴奏バイオリンパルティータより)

   シャコンヌのオーケストラ編曲は、ストコフスキー版や齋藤秀雄版など有名なものが多数あります。

しかしブゾーニの影響を思わせる重苦しいものが多く、私にはピンときません。バロック組曲の中の一曲なのですから、踊れる雰囲気が少しは感じられた方がよいのではないかと思います。

 なので今回は小編成のオーケストラ用に編曲してみました。

編成 

 2-2-2-2 2-2-0-0 弦5部



オーケストラのための「ヴォカリーズ」

当時ラフマニノフ自身によるスコアがあると知らず、アンコールピースにどうかなと思って書きました。